便利な介護システムを導入

category01

病院が患者のデータをシステム管理しているように、介護の現場でもお客様情報をシステムで管理することは業務ミスの軽減にもつながります。情報をスタッフ同士で共有することでより業務連携を図ることができるからです。

事務作業もシステム化で効率よくすることができるので、介護の現場スタッフにとっても管理者にとってもありがたいシステムになっています。
情報が共有できるのはケアの記録すべてです。

他の事業所とも連携できるので、利用者が他のところでどのような健康状態だったのかまでも把握できます。

介護予防・日常生活支援総合事業の詳細情報を掲載しています。

情報はしかもリアルタイムで共有することも可能です。
血圧や食事の摂取状況、排せつやレクリエーションといったことまで入力できます。



介護のケアの記録も手書きの業務日報で管理する必要がなくなります。

エキサイトニュース使いやすさが好評です。

そして請求書も作成可能です。

エクセルで作成するという面倒な作業もなくなりますし、計算ミスも起こしにくくなります。

導入するシステムのソフト内容は、事業所のサービス形態によって選ぶことが可能です。
老人福祉施設だったら施設サービス用のものを、訪問介護事業だったら居宅サービス系のものを選びます。


各サービスに必要なソフト内容になっているので、間違いありません。
包括的なものではなく、一部分だけソフトに頼りたいという場合は、それに特化したソフトを購入するようにします。例えば、利用者情報だけを管理できるようにしたい場合は、利用者情報管理ソフトのみを導入します。


学びたい知識

category02

高齢化社会が問題視されている現代ですが、老人ホームや介護保険施設などが増える中、効率を良くするシステムも同時に進化しています。介護における利用者の情報管理や、デイサービスなどの事業案内、利用者の料金表など様々な事務処理を、簡単に行ってくれるソフトがあります。...

subpage

介護のテクニック

category02

高齢化社会が進む日本において、介護サービスのニーズはますます高くなっています。恒常的に安定したサービス提供が行われることが求められており、質の向上も年々厳格に求められています。...

subpage

介護の常識

category03

介護事業は、ただ入所者のケアを行うだけではなく、そのために必要なスケジュール管理や保険の計算など複雑な業務が数多くあり、それらがスタッフの負担を増やす原因の一つともなっています。このように入所者のケア以外の面で時間的な余裕がなくなってしまうと、精神面にも悪影響となり介護所全体の雰囲気が悪くなったり、ミスなどが増えてしまうことに繋がりかねません。...

subpage

介護について思うこと

category04

平成12年4月に施行された介護保険制度は、高齢化社会が進む日本において必要不可欠な存在になったと言っても過言ではありません。年齢を重ねていけば健康であったとしても急に倒れることも、病気になることもあります。...

subpage